生きるだけでいい。息をするだけでいい。

「生きる」って結構大変。

双極性障害を患ってる身としては、普通の人以上にそのことを痛感する。

そして、私以上にそう思わざるを得ない状況にある人も多くいることだろう。

最後まで「生きる」。

人生、それだけで十分。

最近は素直にそう思えるようになった。

「生きる」の語源は「息をする」から来ているという。

生きるだけで十分とは、息をしているたけで十分ということ。

その観点から考えると「よく生きる」とは「よく息をする」ことになる。

となると、よい生き方は、よい息の仕方から始まるのでは?と考えることもできる。

これは論理の飛躍だろうか?

それはともかく、今日から1日を深呼吸に始め、深呼吸に終わるようにする。

スポンサーリンク

シェアする